検索
  • imadrjc

マーク・ラムザイヤー論文に対する部落解放同盟中央本部見解

ハーバード大学のマーク・ラムザイヤー教授による「でっち上げのアイデンティテ

ィを使って:日本の部落アウトカースト」(原題:On the invention of

Identity Politics :The Buraku Outcastes in Japan)と題する論文に対して、部落解放同盟中央本部が見解を発表しました。この見解では論文の内容が、おおよそ学術論文とはかけ離れた誤謬と偏見に貫かれていると指摘した上でラムザイヤー教授および学会誌「レビュー・オブ・ロー・アンド・エコノミクス」に論文の撤回を強く求めています。


見解の日本語文は

BLL中央本部見解最終版[1]
.pdf
Download PDF • 179KB

英語文はこちら


BLL statement on MR article
.pdf
Download PDF • 298KB

88回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

被差別部落民は犯罪とヤクザに親和的か:ラムザイヤー論文批判として

【小早川明良 社会理論・動態研究所研究員】 この小論は、マーク・ラムザイヤーへの批判である。主に、被差別部落民と犯罪率にかんする議論のみを取り出して論じた。批判のためのデータを補強するとともに、必用な加筆修正を行い邦文と英文で公表される。

部落に関するラムザイヤー論文に日米4人の研究者が非難声明

ラムザイヤー論文「でっちあげられたアイデンティティ・ポリティックス:日本の部落アウトカースト」に対して日米の研究者4人が共同で声明を出しました。声明は、研究の目的と方法論、学術的及び社会的波及効果、そしてマイノリティ研究の権力性の側面より、この論文がもつ重大で看過できない問題を論じ、結論として論文の再査読を求めるとともに、研究者の責任と倫理、特に周縁化され差別されている集団に対する研究についての議